経験や年齢不問のフランチャイズ経営!

フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは本部が効率的に事業を拡大していく為の戦略です。本部が直接店舗を出店して事業の拡大をするのではなく、本部がオーナーを募集して委託契約を結んでオーナーが店舗を開店していきます。本部が店舗を運営する為の各要素をパッケージ化する事でそれに沿ってオーナーは経営をしていけるので、経営の素人でも参入しやすいです。
本部は業務を行う為のノウハウやシステムなどを加盟店のオーナーに提供する代わりに加盟店から一定のロイヤリティを受け取ります。オーナーとしてもロイヤリティの支払い分だけ利益は減りますが、最初から本部が持っているシステムやブランドを使って事業を行えるので双方にメリットがあるビジネスの仕組みです。

フランチャイズの収支保証とは

フランチャイズの収支保証とは本部が営業活動して取ってきた仕事を加盟店に割り振ってバランスよく事業を展開する仕組みです。フランチャイズで参入する時はオーナーが初期費用を出す事になるので、加盟後に安定て仕事を獲得できるかが問題になります。収支保証があるフランチャイズならば本部が仕事を獲得して割り振ってくれるので、ある程度の仕事量を保証されて収入が安定するメリットがあります。
初期費用を融資してもらっても途中で支払いが滞るとフランチャイズに加盟していても事業が止まってしまう可能性があります。収支保証があるフランチャイズを選ぶ事は収入の安定だけでなく、初期費用を無駄にせずに事業を継続させる事にも繋がります。